ブログ

Blog

ブログ

犬の「乳び胸」を高性能内視鏡とICG(インドシアニングリーン)蛍光カメラシステムで治療する

2024.07.07

近年、獣医療の分野でも内視鏡外科手術が大きな進歩を遂げています。

特に、犬の乳び胸の治療においては、高性能な内視鏡とICG(インドシアニングリーン)蛍光カメラシステムを組み合わせることで、より正確かつ低侵襲な治療が可能になってきました。

ICGを事前に投与し、蛍光映像で血管や胸管の状態を詳細に確認できるため、胸管の走行を正確に特定することができます。その上で、小さな切開創から高精細な内視鏡カメラを挿入し、直接病変部位を観察しながら手術を行うことが可能です。

犬の乳び胸に対する治療として、胸管を手術によって傷つけてしまうと乳び胸は治りませんので、ICG蛍光カメラシステムを用いて、胸管を明確に映し出し、正確に保護しながら、そして取りこぼすことなく胸管の処理を行うことが可能となります。

そして、胸腔鏡下での拡大された鮮明な視野を確保することにより、繊細な手術操作が可能となり、ICG蛍光カメラシステムを組み合わせることにより、犬の乳び胸の手術成績は飛躍的に向上します。

また、犬の乳び胸に対する内視鏡外科手術では、従来の開胸手術に比べて創部が小さいことから、動物たちの身体に与える負担が極めて少なくなり、術後の回復も早いのが特徴です。

開胸手術であれば、胸とお腹にかなり大きな切開を複数箇所加えなければなりませんが、内視鏡外科手術においては、5mmの小さな切開が10〜12箇所で手術が可能となります。

このような高度な内視鏡外科手術を行うことによって、繊細な手技で乳び漏出部位の処理や胸管の結紮などを行うことで、犬の乳び胸の根治的な治療が期待できます。

最新の内視鏡外科手術は、犬の乳び胸治療において、低侵襲性と高い治療効果を両立する優れた選択肢となっています。

ご検討いただければと思います。

高性能な内視鏡とICG(インドシアニングリーン)蛍光カメラシステムにより、犬の胸管を明確に映し出しています。

高性能な内視鏡とICG(インドシアニングリーン)蛍光カメラシステムと拡大された鮮明な視野を用いた胸管結紮を行うことにより犬の乳び胸に対する手術成績の向上が期待できます。

文責:江原郁也
当サイト内のすべての文と写真の転載はご遠慮ください

©どうぶつ内視鏡外科ネットワーク