腹腔鏡手術の流れ

  • HOME
  • 腹腔鏡手術の流れ

Surgery Flow

腹腔鏡手術の流れ

腹腔鏡による避妊手術の基本的な手順

Step 1

開腹手術と同じように麻酔を行い、毛刈り、消毒を施します。

step1イメージ step1イメージ

Step 2

お腹に、3mm~10mm程の小さな切開をします。

step2イメージ

Step 3

お腹の中に二酸化炭素ガスを用いてお腹を膨らませることで、手術のスペースを確保するとともに、内部も鮮明に見えるようになり手術を安全に行うことが出来ます。(気腹)

step3イメージ

Step 4

3~5mmのトロカーと呼ばれる筒状の器具をお腹の中に刺入します。

step4イメージ

Step 5

トロカーを介して、内視鏡手術専用の細長い内視鏡、鉗子などを挿入し手術を行います。

step5イメージ step5イメージ

Step 6

超音波メスを使って、卵巣や子宮の処置をします。

step6イメージ

Step 7

手術が終わったら、気腹を解除し、傷の縫合をして手術を終えます。

step7イメージ step7イメージ
©犬と猫の腹腔鏡避妊手術センター