動物たちの身体に優しい、低侵襲医療を日本全国で提供しています。

For Owner

飼い主様へ

EHARA IKUYA

江原 郁也

内視鏡外科手術は、1.6mm・2mm・3mm・5mm・10mmといった小さな傷で行う手術です。そのような内視鏡外科手術は、傷が小さいことから痛みが少なく、動物たちの身体に負担の少ない医療として、私たちの愛する動物たちにも行われています。
私は、2003年より人医療の第一線で活躍されている視鏡外科医の方に内視鏡外科手術を学ばせていただき、現在6,000例を超える動物たちの内視鏡外科手術を行ってきました。私が受けてきた多くのご恩を、次世代を担う獣医師へと流すことが出来るよう、多くの動物たちとご家族の幸せにつながる努力をしたいと思っています。
そして、動物たちにとって最善の医療が提供できるよう、その選択肢の一つとして内視鏡外科手術についての情報をお伝えできればと思います。

経歴

ルカ動物医療センター センター長

日本獣医内視鏡外科研究会(JSVES) 副会長
技術審査制度委員会 設立認定医

Veterinary Endoscopy Society(VES)International Liaison
獣医内視鏡学会(米国)
World Veterinary Endoscopy Meeting Member

公益社団法人日本動物病院福祉協会(JAHA)
獣医 内科認定医
獣医 外科認定医

日本大学生物資源学部 獣医学科外科学研究室 研究員
イオンペットアカデミー
動物病院学部 学部長
内視鏡外科 指導医
金平内視鏡外科研究所(ELK) クリティカルアドバイザー

Search

調べる

内視鏡でできること、内視鏡手術の症例紹介

Group

医療提供動物病院
高品質な医療を全国区で提供しています。

北海道

北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目1-22
BRANCH札幌月寒内

関東

東京都杉並区松庵2丁目19-15

千葉県千葉市美浜区豊砂1-8
イオンモール幕張新都心1F

中部

愛知県名古屋市西区玉池町3

関西

大阪府豊中市少路2丁目10-20

※その他の医療施設でも手術の受け入れを行なっております。

©CHAM動物内視鏡外科チーム