ブログ

Blog

ブログ

人医療の学会に参加してきました

2022.12.13

第35回日本内視鏡外科学会に参加してきました。

人医療の進歩にはいつも驚かされますが、今回の学会では、ロボット手術の普及と発展、手術教育支援A Iの開発など、医療の未来を感じさせる学会でした。

AIについては、まだ実際の臨床には未承認とのことですが、手術中に結合組織(剥離層)や神経、微細血管、人の身体では脂肪の中で識別しにくい膵臓や尿管、精管などを鮮明に映し出すというものです。

写真の中で緑色に映っているのは神経ですが、このような細やかな神経さえも傷付けずに手術を行うことができるというものです。

これらの医療の進歩は、現代の科学のなせる技とも言えますが、何より今までの長い歴史の中で、内視鏡外科手術が発展し、様々な経験や議論、膨大なデータを積み重ねながら、低侵襲治療への進歩に取り組まれた医師たちの努力の結果だと思いました。

さていつか、動物医療においてもロボットやAIが活用される日が来るのかは分かりませんが、そんなことよりも、動物医療における内視鏡外科手術への取り組みを、今はまだまだ少数の人たちによって進められていますが、動物医療全体としてより多くの獣医師たちが積み重ねて行くことが出来ればと改めて思いました。

日本内視鏡外科学会

https://www.jses.or.jp

日本獣医内視鏡外科研究会

http://jsves.kenkyuukai.jp/information/

CHAM

https://cham-pj.com/

©CHAM動物内視鏡外科チーム