犬の腹腔鏡下肝切除術チーム

  • HOME
  • 犬の腹腔鏡下肝切除術チーム

犬の腹腔鏡下肝切除術チーム

私たちは、犬の肝臓癌を代表する肝臓腫瘍に対して、腹腔鏡下肝切除術を実施しています。

従来の開腹手術においては、お腹を大きく切開しなければ手術は不可能でしたが、腹腔鏡下で行うことによって、5mm、10mmの切開創が5ヶ所程度で手術が可能となります。
そして、腫瘍病変を体外に取り出す際には、その一つの切開創を5〜10cm程度に広げることによって摘出を行います。

イメージ01

また、高性能な内視鏡手術機器を用いるため、拡大された鮮明な視野を確保できることから、お腹の深い領域における血管処理や、肝実質切除を行うことが可能となります。
それによって、傷つけたくない血管を映し出し、手術の安全性と確実性を高めます。

また、麻酔リスクの高い手術については、麻酔科専門医による麻酔管理を実施します。

本術式は、人医療における肝臓外科分野のエキスパートのご指導の下、犬においても手術が可能となりました。

肝臓腫瘍の大きさ、浸潤範囲、発生部位により手術適応の判断を行いますので、各種検査に加え、CT検査が必要となります。

手術をご希望される飼い主様や動物病院様は、問い合わせよりお申し込みください。

イメージ02

お問い合わせ

©CHAM動物内視鏡外科チーム