どうぶつ腹腔鏡・肝臓外科チーム

  • HOME
  • どうぶつ腹腔鏡・肝臓外科チーム

どうぶつ腹腔鏡・肝臓外科チーム

私たちの目的

私たちは、犬の肝臓癌をはじめとする肝臓腫瘍に立ち向かい、「動物たちの身体に優しい医療」を届けることを目的とした獣医師、医師、そして愛玩動物看護師で構成されたチームです。
人医療から応用した先進的な腹腔鏡下での肝切除手術を提供することにより、「人と動物たちとの幸せな時間」を守り続けることをミッションとしています。
腹腔鏡下での肝切除手術は、小さなきずで手術を行うことから痛みが少なく、動物たちの心と身体への負担を軽減します。また、高性能な内視鏡から映し出される拡大された鮮明な映像を用いることにより安全性、確実性の高い肝切除手術を実践しています。

イメージ01

チーム構成

【代表】
江原郁也(獣医師):ルカ動物医療センター(大阪府)
プロフィール
新田浩幸(医師):岩手医科大学医学部(岩手県)
プロフィール

【提携動物病院】
どうぶつ腹腔鏡・肝臓外科チームの活動について賛同をいただき、動物たちの身体に優しい腹腔鏡手術を共に発展していだけるパートナー病院です。お住まいの地域の提携動物病院にて手術をお受けすることができます。

【フェロー】
腹腔鏡・肝臓外科チームの活動について賛同し、次世代の動物たちへの内視鏡外科手術の発展に貢献する意思を持つフェローたちです。内視鏡外科手術はチームで行わなければなりませんので、フェローと共にチームで活動を行っています。

【スポンサー】
腹腔鏡・肝臓外科チームへの医療提供、教育活動へのご支援、ご協力をいただいています。

Group

医療提供動物病院
高品質な医療を全国区で提供しています。

関東

東京都杉並区松庵2丁目19-15

関西

大阪府豊中市少路2丁目10-20

※その他の医療施設でも手術の受け入れを行なっております。

©動物内視鏡外科ネットワーク